砂式ろ過装置 手動型・自動型フジカ濾水機株式会社 HOME > 製品情報 > 砂式ろ過装置 手動型・自動型

特長

【操作簡単!】
手動型は操作レバー1つで簡単に、ろ過、洗浄、逆洗を行えます。
自動型はタイマーで洗浄時間を設定しておけば自動でろ過、逆洗の管理ができます。

【ろ材】
上水道施設基準に適合したろ材です。
ろ過層を構成し、さらにろ過面積を大きくとることにより、水をゆっくりろ過させております。
これによって凝集効果も十分に上がり、美しい水が生まれてきます。
用途、条件によって適したろ材を選定し、使い分ける事によって優れたろ過精度が可能になります。


▲ Go to page header

構造

砂式ろ過装置
(1)原水バルブ
(2)ヘアーキャッチャー
(3)ポンプモーター
(4)逆止弁
(5)補助バルブ
(6)電動5方弁 ※
(7)採水栓
(8)エア抜きバルブ
(9)排水バルブ
(10)圧力計
(11)自動エア抜き弁
(12)ろ過タンク


※手動の場合は手動5方弁になります

▲ Go to page header

仕様

プール用の場合  
要目/型 手動 SF3-1 SF5-2 SF7-3 SF10-4
自動 SF3-1AE SF5-2AE SF7-3AE SF10-4AE
ろ過能力m³/Hr 30 40 60 100
タンク(標準)mm 1200゚x1500H 1600゚x1500H 1900゚x1500H 2400゚x1500H
使用動力kw 2.2 3.7 5.5 7.5
配管口径mm 65 80 100 125
標準機械室 3,600x3,600 3,600x4,500 4,500x4,500 5,400x5,400
運転重量kg 3,000 5,500 9,000 17,000

浴槽用の場合  
要目/型 手動 SF-05 SF-1 SF2-05 SF3-1
自動 SF-05AE SF-1AE SF2-05AE SF3-1AE
ユニット SF-05AEUN SF-1AEUN SF-2AEUN SF3-1AEUN
ろ過能力m³/Hr 〜5 〜10 〜15 〜20
タンク(標準)mm 500゚x1000H 700゚x1200H 800゚x1200H 1000゚x1000H
使用動力kw 0.75 0.75 1.5 2.2
配管口径mm 32 40 50 65
標準熱交換器
(ユニットのみ)kcal/hr
25,000 40,000 50,000 60,000
運転重量kg(ユニット) 450(850) 950(1,100) 1,600(1,750) 3,000(3,200)
浴槽水量m³ 2.5〜3 5 7.5〜8 10

・タンクの材質は、鋼板製、ステンレス製、FRP製があります。
・上記以外の仕様でも、設置場所、条件にあわせて設計いたします。

ご希望の仕様をご連絡いただければ、その条件に見合った参考図面をmailまたは郵送いたします。

▲ Go to page header

ろ材の種類

●ろ過砂 filter sand
原料は、天然に産する石英質の硬い珪砂。(母、長石、貝がらの混入が非常に少ない)
砂粒子間にフロックや浮遊物質( SS suspend solid )等を抑留するのに使用します。

*ろ過砂は、急速ろ過用と緩速ろ過用があり、その違いは主として粒径によります。

水道用ろ過砂の選定基準(日本水道協会規格JWWA A103-1988) 抄記

(1)外観は、ごみ、粘土質などの不純物あるいは偏平又は脆弱な砂などを多く含まないで、石英質の多い、堅い均等な砂がよい。特に、急速用ろ過砂は、砂鉄や脆弱な砂などの含有の少ないものが望ましい。
(2)洗浄濁度は、30度以下であること。
(3)比重は、2.57〜2.67の範囲にあること。
(4)強熱減量は、0.75%以下であること。 ※1
(5)摩滅率は、3%以下であること。 ※2
(6)塩酸可溶率は、3.5%以下であること。
有効率は、急速用ろ過砂では0.45〜0.70o、緩速用ろ過砂では、0.30〜0.45oの範囲にあること。
(8)均等係数は、急速用ろ過砂では1.7以下、緩速用ろ過砂では、2.0以下であること。
(9)最大径は2.0o以下、最小径は、急速用ろ過砂では0.3o以上、緩速用ろ過砂では、0.18o以上であること。

※1 特に、急速用ろ過砂の場合には強熱減量の少ないものが望ましい。
※2 特に、急速用ろ過砂の場合の摩滅率はなるべく小さいものがよい。
●ろ過砂利 filter gravel
原料は、天然の丸みのある硬い砂利。
ろ過砂やアンスラサイト等のろ材層の下に敷いて、ろ材が底部に落ち込まないようにするとともに、逆洗時に洗浄水が均一に上昇するのを補助します。

水道用ろ過砂利の選定基準(日本水道協会規格JWWA A103-1988) 抄記

(1)外観は、ごみ、粘土質などの不純物あるいは偏平又は脆弱な粒子を多く含まないで、堅い丸みのある砂利が望ましい。
(2)洗浄濁度は、30度以下であること。
(3)砂利粒子の形状は、最長軸が最短軸の5倍以上のものが重量比で2%以下であること。
(4)比重は、表面乾燥飽和状態で2.50以上であること。
(5)塩酸可溶率は、3.5%以下であること。
(6)ろ過砂利の粒径は、各層ごとの設計最小径以下の粒径と設計最大径以上の粒径の重量比を加えたものが合計で15%以下であること。


[ろ過砂、ろ過所利の主な用途]



●マンガン砂
[特長]
[主な用途]


●マンガンゼオライト
[特長]


●活性炭
[特長]
[主な用途]


●アンスラサイト filter anthracite
原料は無煙炭を破砕したもの。
ろ過砂に比べ、比重が小さく空隙率が大きいという特性から多層ろ過に適しています。

[特長]
[主な用途]


●シャモット chamotte
●セラミックサンド ceramic sand

名称は異なりますが同じものと考えて良いです。
耐火粘土を焼成脱水したものでSiO2とAl2O3に富み多孔質で、これを母体にして薬剤処理により除鉄ろ材(鉄ゼオライト)、除マンガンろ材(マンガンゼオライト)をつくります。

[特長]
[主な用途]

▲ Go to page header